突然ですが、貴方は現在お使いのトレードシステムにご満足されているでしょうか?


購入した途端にシステムの成績が落ち込んでいく
せっかく購入しても長く使えるか分からない
どのような相場局面でも機能するか心配だ
 
このような心配を抱えているのであれば、
これから私がどのようなシステムであれば安心して運用できるかをご説明します。


 



 
 
 

ロジックも解説されているので安心して運用出来ます。

モニター募集に参加しました。
フォワードテストはまだのシステムだったのでまずは様子見だったのですが、
3か月連続プラス収支だったのでこれから実際に運用します。


末永く使えそうだと思いました。

バックテストデータを拝見すると成績にムラがなかったため、
上昇相場であっても下降相場であっても通用しそうな気がします。
まだ3ヶ月しか経っていませんがフォワードテストも順調です。
ポートフォリオに加えたいと思います。


海野先生のシステムだったので

夢丸さんからモニター募集のお知らせがあった時、海野先生のシステムだったので迷わずに応募しました。
フォワードテストの証人のようなモニター募集だったのですが
海野先生のシステムということもあってすぐに運用を開始しました。
大正解でした。


こちらの方々は、
数ヶ月前、フォワードテストを始める際に募集いたしましたモニターさんです。
フォワードテストの透明性について確認してもらうためです。
 
それではこれからなぜ、
 

 
 

はじめまして。

システムトレーダーの海野康夫です。
2008年にDr.225というシステムを発表させて頂きました。
多くの方々にご愛顧頂き本当に嬉しく感じています。
又、多くの方々に利益貢献出来ましたことも、
トレードシステム開発者として大変嬉しいことと感じています。
 
Dr.225は半年ほど前に予定数量を完売し、今ではごく一部でしか手に入りません。
しかし、何故、新しいシステムを開発したのか?
 
それは、世の中にはあまりにも実運用のことを考えていないトレードシステムが溢れているから。
 
それと、自分自身でもDr.225を超えるような
究極のトレードシステムを作ってみたかったからです。
 
悪質なトレードシステムを騙されて買わされている方、
又、そのようなシステムを信じて次から次へと利益を失っていく方に
本物のトレードシステムを知ってもらいたかったからです。


 
 

 
 
よくお聞きする質問です。
他にも、
 
いくつもトレードシステムを購入しているのですが、なかなか利益が増えません。
たくさんのトレードシステムが販売されていてどれを運用したら良いか迷います。
 
大抵の方は同じような疑問を持たれています。
前作Dr.225の販売の際にもこのようなご質問を本当に多く頂きました。
確かに大切な資産を運用するのですから、慎重になるのも当然です。
 
しかし、投資で利益を上げるのは貴方が考えている程難しいことではないのです。
 
 
  • きちんと機能しているシステムに巡り合う
  • そしてそれらのシステムに資金を分散し運用する

 
これだけのことなのです。
俗に言うポートフォリオのことです。
 
「そんなこと言われなくても分かってる!」と怒られそうですが、
意外と皆さんこのことに気が付いていないのです。
 
それではこれからもう少し詳しくご説明していくこととします。
 
実は前作であるDr.225は複数のロジック(売買ルール)を用いて
ポートフォリオ効果を狙ってはいますが、
実際は1つの単体システムです。
 
私が、システムトレーダーとして生活を営むようになったのは6年ぐらい前ですが、
ポートフォリオの考え方自体はそれ以前から理解していました。
 
私は新しい試みはすぐに取り入れていきたい性分なので
ポートフォリオについて学んだ約3ヶ月後には、早速、実際にシステムを組み
そのシステムを運用してみました。
 
いくつかの異なるテクニカル指標を使ったシステム併用して、
実際のトレードに臨みました。
 
その結果は・・・
 
残念ながら半年後にはシステムが全滅してしまいました。
 
その理由は・・・
 
ポートフォリオの本当の目的をよく理解しないでシステムを組んだからです。
 
いくつかのシステムを悪戯に併用しただけだったので、
そのほとんどのシステムが同じような時期に、
利益と損失を繰り返していたのです。
 
つまり、システム同士が本当の意味で補完関係になっていなかったのです。
 
その日からポートフォリオの相関性について更に深く学びました。
 
そして、あることに気が付いたのです。
この気付きが私のトレードライフを一変させたと言っても過言ではないでしょう。
 
そのあることについてお話します。
 
 
 
 

 
 
225先物というのは、売りが先行する市場と言われています。
実際に始値より終値のほうが高い、いわゆる陽線の日よりも
始値より終値の方が低い、陰線の日の方がこれまでには多く出現しました。
 
つまり、日中は値下がりする日の方が多いのです。
 
と、いうことは寄付きで新規に売り注文し、
大引けで決済するという取引方法だけで利益が積み上がっていくことになります。
 
実際に世に公開されているシステムも
このように売りの発生頻度が高いシステムが多いのが事実です。
 
このようなシステムは下降相場では十分すぎるほど威力を発揮します。
しかし、下降相場が一転して上昇相場になったとき
このようなシステムは機能を一時的に失のです。
 
そして、このような売り先行のシステムを併用しポートフォリオを組んだとしても
補完関係になっていませんので
同時期に損失が膨れあがるのです。
 
例えば
1月 +200円
2月 +100円
3月 -200円
というシステムと、
 
1月 +100円
2月 +200円
3月 -100円
というシステムを併用したとします。
 
この場合の合計成績は
1月 +300円
2月 +300円
3月 -300円
 
このようになり、
合計成績は+300円、ドローダウンは300円となります。
 
これであれば一時的に損失が大きく膨れ上がってしまいます。
 
これがもし、
1月 +200円
2月 +100円
3月 -200円
 
1月 +100円
2月 -100円
3月 +200円
 
というようなシステム場合、合計成績は
 
1月 +300円
2月    0円
3月    0円
 
となり、トータル収支は先程と同じ300円なのに
ドローダウンは0円のままです。
 
このように損失を最低限に抑えるために
下降相場に強いシステムだけではなく、
上昇相場にも強いシステムを併用しないといけないのです。
 
 
 
 

 
 
もし貴方が運用するとすればどちらのシステムを採用するでしょう?
 
 
  • 1. 3か月前まで成績を伸ばしていたが、先月、先々月の成績が悪かったシステム
  • 2. 3か月前までは成績は悪かったが、 先月、先々月の成績が良かったシステム

 
恐らく、初心者であればあるほど、
「2」の3か月前までは成績は悪かったが、先月、先々月の成績が良かったシステムを
選択することでしょう。
 
これが、貴方の購入したシステムが、運用した途端に
急に利益が伸びなくなる理由です。
 
システムトレードの利益というのは、
一直線に右肩上がりに増えて行くものではありません。
 
アップダウンを繰り返しながら、
徐々に利益が増えて行くのです。
 
つまり、1のシステムは、ここから利益が伸びていくことが予想されます。
逆に2のシステムは、ここから利益が減っていくことが予想されます。
 
初心者の方は、直近の成績が良いからといって、
2のシステムを運用開始し、すぐに成績が下がり始めるのです。
 
それは、トレードシステムが悪いというより
参入タイミングが悪と言えるのです。
 
では、だからと言って、
直近の成績が落ちてきているシステムを運用し始めるのは
大変勇気がいる話ですよね?
 
これらの問題点を解決するのが、今回、私が、お勧めするトレードシステム、
Aegis 225」なのです。
 
 
 
 

 
 
先程もお話をしましたが、
投資で利益を積み上げていくことは、そう難しいことではありません。
 
 
  • きちんと機能しているシステムに巡り合う
  • そしてそれらのシステムに資金を分散し運用する

 
この2点さえ押さえるだけで良いのです。
 
そのためには、
 
 


 
これを繰り返すだけで、
利益が上がっていく可能性は非常に高くなるのです。
 
本日、ご紹介するシステム、Aegis 225 では、
これらの問題を全て解決しました。
 
その、Aegis 225についてご説明いたします。
 
 
 

 
Aegis 225は3つのシステムで構成されています。
 
 
  • 上昇相場に有利なシステム
  • 下降相場に有利なシステム
  • 持ち合い相場に有利なシステム

 
これらのシステムを併用することにより、あらゆる相場局面に対応していきます。
 

 
 
 

 
Aegis 225は過去20年間負けなしの成績です。
 
しかも、ポートフォリオで採用している3つのシステムそれぞれ
開場以来、過去20年間、一度も負け越しがありません
 
各システムに採用しているロジックは、
過去の実績に基づいただけでなく新しい視点を追加しています。
 
テクニカル指標(オシレーター系とトレンドフォロー系)の組合せや、
曜日のアノマリーが有効であることは、「Dr.225」シリーズで実証されました。
 
他にも、買いに重点を置いたロジックは、
従来のシステムでは利益の出にくい上昇相場に対応しています。
 
1990年33,350
1991年28,370
1992年32,680
1993年22,790
1994年12,400
1995年20,300
1996年12,070
1997年37,160
1998年11,440
1999年8,300
2000年9,520
2001年14,930
2002年7,680
2003年6,000
2004年2,460
2005年1,560
2006年4,160
2007年7,250
2008年9,880
2009年5,050
2010年2,130
最大建玉3枚 2010年は5月14日現在

 
 
 

 
具体的なパフォーマンスは、
勝率は59.22%、プロフィットファクターは2.11、
平均損益は80円を超えています。
平均損益の高さは、トレード枚数が1~3枚となっているからです。
 
また、最大ドローダウンは-3520円となっていますが、
これはボラティリティの高かった時代に記録したものです。
 
SPAN証拠金が採用された2000年10月30日以降では、
2004年の-1760円が最大で、その後現在まで-2000円を割り込んだことはありません。
 
ラージ1枚あたりに換算すると、
586円となりますので、抜群のパフォーマンスと言えるでしょう。
 
トレード回数3529PF2.11
勝  率59.22%損益総計281970
勝ち回数2017平均損益79.90
負け回数1389利  益536000
最大ドローダウン-3520損  失-254030

 
 
 

 
操作方法は非常に簡単です。
 
システムの操作方法は、相場が閉じてから、
四本値(初値、高値、安値、終値)の数値を入力して、Enterキーを押すだけ。
サラリーマンの方などは、帰宅してから
証券会社のサイトを開いて、四本値を確認して入力すれば良いでしょう。
 
シグナルの内容に影響してしまいますので、
入力間違いだけは注意してくださいね。
 
入力作業が終わると、
翌日のシグナル欄に、「買い」又は「売り」のシグナルが出ます。
 
もし何も表示されなかったら、
翌日のトレードはお休みということです。
 
また、シグナルが「買い」又は「売り」の場合は、
同時に、ロスカット欄に、翌日のロスカット値が表示されます。
 
このシグナルに従って、翌日にトレードすれば、
システムの実力どおりの成績が残せます。
 
トレードスタイルは寄り引けです。
 
朝7時頃から9時までの間に、証券会社のトレード画面で、
寄付成行き注文で発注してください。
 
次に9時から10時くらいの間に、ロスカットの逆指値注文を発注してください。
操作時間はいずれも5~10分くらいです。
 
オンライントレードができる証券会社のほとんどは、携帯からの操作も可能です。
ただし、自動売買可能な証券会社の方や、ロスカットを設定しない方は必要ありません。
 
 
 
 

 
 
ここまでAegis 225のご説明をしてきました。
 
Aegis 225は言うなれば
225トレードシステムの集大成のようなシステムです。
 
前作Dr.225の公開以来、
多くの方からご質問やご要望を頂き、
それにお答え出来るようなシステムを開発いたしました。
 
既にフォワードテストも終えていますので、
是非、貴方の投資ライフにお加えください。
 
 
 
 


 

 
Aegis 225は既に十分な実績を残しているDr.225の後継システムです。
そして、もちろんのことながら、225先物取引開始以来、過去20年間負けなしの検証結果です。
ご安心して運用頂けます。
 
 
 

 
Aegis 225は裁量を含まない完全なトレードシステムです。
操作方法も極めて簡単なため、
初心者の方から上級者の方までどなたが運用しても運用結果は同じとなります。
 
 
 

 
投資で勝つための秘訣は、「投資で負けないこと」
Aegis 225は3システムを併用することにより
万が一の際のリスクを分散し、貴方が安心して運用出来るようにしております。
 


 
 
 
 

 
 
当システムを購入される方の中には、
ミニでトレードされる方もいらっしゃいます。
 
そこでミニの方でも1か月で商品代金を回収出来るように、
バックテストにおける、ミニ1枚あたりの月ベースの平均損益にあたる
37,905円(税別)を販売価格にさせていただきます。
 
これであれば、あまり貴方の負担にならないでご購入頂けることでしょう。
 
Aegis 225も前作同様、マーケットインパクトを考慮しながら販売を終了いたします。
 
是非、今のうちにお買い求めください。
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは急激な価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、
場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。
 
特定商取引法に基づく表記 お問い合わせ

 
 
 
 

 
 

Aegis 225は独自の理論により徹底したローリスクの対策を施し、
又、高パフォーマンスも維持しております。
 
しかし、相場のトレンドは一定ではありません。
 
したがって、高いパフォーマンスを維持するためには、
日常的に勝率の高いパターンをチェックする必要があります。
 
そこで、相場状況の変化により、
パターンの組合せを変更する必要が生じた時は、
バージョンアップ版を用意いたします。
 
しかも、ご購入から1年間は
無料でバージョンアップができることにいたします。
 
※バージョンアップの回数は相場環境により異なります。



当システムは、ロジックをエクセル上で公開しております。
 
しかし、エクセルシートの関数が苦手な方には、少し理解が難しいかと思われます。
 
そこで当システムには、システムロジック解説マニュアルが用意されております。



「システムトレードは初めてだから不安だ」と言う方もどうぞご安心ください。
 
安心してシステムトレードを実践出来ますように当商品をお使いの方には
無料のメールサポートを1年間付属させて頂きました。
 
これで、今すぐにでもシステムトレードにチャレンジ出来ます!!
 
※サポート回数についての制限はございません。


※全特典の詳細につきましては、ご購入アドレスにメールにてご連絡を差し上げます。

 
 
 
 
先程もお伝えしましたが、あなたも相場の世界で勝ち残る為に出来る3つの理由があります。
 
 



 
 

 
 

 


 
以上の3つの理由が、あなたも相場の世界で勝ち残れるようになる理由です。
 
相場の世界で勝ち残ることの出来る人。
相場の世界で勝ち残ることの出来ない人。
 
その違いは知識でも、経験でもありません。
単純に
 
「本当に信頼のおける優れたトレードシステムを運用しているのか
 
これだけの違いだったのです。
 
まずは、1か月間運用して頂ければ、その素晴らしさをあなたも実感出来るでしょう。
 
是非1度、Aegis 225を運用してみてください。
 
 
 

 
 
 
 

 
 

Q.大勢の方が同じシステムを用いると、
  システムの優位性が損なわれることはないのでしょうか?
 
A.日経225先物の流動性を考慮しますと、そのような可能性はほとんどないと考えます。
  ミニであればラージの約3倍の出来高がありますので、さらに安心です。
 
  また、勝率の高いパターンのチェックを日常的に行っておりますので、
  パターンの優位性に変化が生じた場合は、バージョンアップを行います。

Q.使用しているデータはラージのものですが、
  ミニでも通用するのでしょうか?
 
A.ラージとミニはあくまで別の商品ですが、
  両方とも日経平均からの派生商品(デリバティブ)です。
  値動きも成績もほぼ同じですので、ラージのデータを使っても問題はございません。

Q.運用する際にお勧めの証券会社はありますか?
 
A.STOP注文(逆指値注文)が可能であれば特に制限はございませんが、
  カブドットコム証券を利用すると非常に便利です。
  比較サイト(http://www.hikaku.com/nikkei/)もございますので、
  ご参考にされることをお勧めします。

Q.スリッページを考慮する必要はありますか?
 
A.日経225先物は流動性が高い商品ですので、
  さほど気にする必要はございません。

Q.使用方法が分からなければサポートしていただけますか?
 
A.もちろんでございます。
  ご納得が行くまでメールサポートいたします。

Q.最大建玉数は何枚ですか?
 
A.最大時で3枚です。



 
 
 
 

 
 
本日は最後までお話をお聞きいただき、誠にありがとうございます。
 
この度は、日中は忙しくてパソコンの前に張り付けない方に向けた
トレードシステムでありながら、
PF:2.0を超える驚異的なパフォーマンスのトレードシステムを
ご紹介させていただきました。
 
私は、以前にDr.225シリーズを発表しております。
大変ご好評を頂いてはいたのですが、
予定数量に達したため、購入者利益保護のために
販売を終了してしまいました。
 
そして今回、再販売のご要望にお応えしまして
Aegis 225を公開いたしました。
 
こちらも、渾身の作品ですので、
あなたにはこちらのトレードシステムで
十分に利益を積み上げていただきたく考えております。
 
また、これからも精進してまいりますので、もし、新しいアイデアに恵まれましたら、
あなたのために、是非システムを構築しようという気持ちです。
 
あなたと私に素晴らしい未来が訪れますように!